かわいいTOP画面へは下main下をクリックかわいい

2011年04月25日

前回からこれまでのこと

前回から今日までいろいろありました。

3月11日の東日本大震災。。
たくさんの犠牲者がでました。
亡くなられた方々、そして動物さんたちの
ご冥福をお祈りいたします。

そして、ちょうどその頃我が家でも大きな
異変が起こっておりました。

サンデーですが、東日本大震災の直後から
お漏らしをするようになり、4月に入り
ついに後ろ足が立たなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)


neru.JPG
ボクちん、ヤバいの?犬(泣)


3月は本当にダメかと思う日々が続きました。

サンデーの前では泣くな、と言われても辛くて辛くて
けんちゃんとワンワン泣きましたたらーっ(汗)

サンデーのそもそもの病名からして病院に
連れて行けば間違いなくさらなる余命宣告、
あるいは安楽死の提案もありそうなくらい。。


夜な夜な泣くので痛み止めの薬は必須かと
思い、病院で薬をもらい準備しました。

またこの先もっともっと痛みで苦しむこと
があれば処方していただくようお願いしました。。



でも・・・



サンデーは本当に手の施しようがないのか???

私たちにできることは本当にもうないのか???





もし・・・できることがあるとするならば
それは今までやってきた痛みを伴わない治療
を続けることだと思いました。

わずかながらでも可能性があるなら、何も
しないよりはそれに賭けてみたいと思いました。



2年前になくなってしまっていたかも知れない命です。
いまさら延命をしようなんて気もありません。


でも、サンデーの目がまだがんばるって言うんです。
サンデーの目は生きているんです。
生きた目をしているんです。


だったら、飼い主としてサンデーが最後までサンデー
らしく生き抜くお手伝いをするだけだと思いました。


そして、命がつきたときがサンデーの寿命だと思って
います。病気に負けるのではなくそれが寿命だと。


ikitame.JPG
ボクはこの目を褒められます。いい目をしてる!って犬(笑)


っとまあ、そんな覚悟で・・・


って、いやいや、こんな書き方してるけど
毎日びーびー泣きながら今日まで来たんですよ。


でも、最近体調が安定してきました。

この状態で回復したんです!
私もびっくり。


見た目は痛々しいんだけど、サンデーの体内は
まだまだ元気なんだって思います。


指のおできも大きく腫れて今は膿がでています。
毎日きれいに洗ってお手入れしています。

また最近は右耳の裏にできていたおできも自壊し
同じく膿が。
でもこれも同じようにお手入れしています。


ひとつひとつのおできに一喜一憂していられない
くらいおできができています。大きく腫れています。

アップの写真でも分かるように鼻の左側にも2つ
おできができており大きくなってきています。

本犬も気にしているようなので顔だけはできないで
欲しかったんですが・・仕方ありません。

おそらく1ヶ月もすれば前のおできのように大きく
邪魔な存在になるでしょう。



さきほども書きましたが、おそらく普通の病院の先生
ならもう長くないと考えると思います。

後ろ足も立たないし、かわいそうだから安楽死と
言われるでしょう。。


そういうふうにこの先のことを考えると辛いこと
ばかりですが、今は目の前にいる今のサンデーの
ことを考えて生きていこうと思っています。



もし明日死んでしまうとしたら・・?

だったら、今日を1日快適に過ごしてもらおう。

そう思うのです。



そう思ってこの1ヶ月間ほどがんばってきました。



で、そうこうしていたら、サンデーは元気になって
きました。

動物の生命力ってすばらしいですね!
教えられることがいっぱいあります。




gannbaruboku.JPG

最近の写真です。昨日かな?

いい目をしているでしょう?本当に。


7〜8歳の頃に目が白っぽくなってきたって病院で
言ったら「老化が始まっています。白内障の初期です」
って言われた目です。

今思うことは病院で「老化現象」って言われたら要注意
です。

あ、そりゃ、明らかに老犬なら別ですよ。

でも、飼い主さん的に「まだそんな歳じゃないのに」
って思うことがあると思います。そういうとき。

身体の中に何か異変がおき始めている、つまり何かの
サインなのに、病院ではそれを簡単に「老化現象」と
表現されることがあるように思います。

未病の状態での異変って飼い主さんだからこそ分かる
ことなんですよね。

なにかいつもと違うと思ったらよく調べてもらって
くださいね。老化現象って言われても原因をつきとめて
くださいね。納得いくまで。



って、久しぶりに書いたら脱線した(^^;



そうそう、前回から今日までの間に「花見」もしました^^


2011sakura.JPG

はな垂れこぞうのボクちゃまです。






これからはもう少し簡単に、そして頻繁に日々の出来事を
書いていこうと思います。

って、それ前回も言ったのにしてないから期待しないで
くださいね顔(ペロッ)





最後に、大事な大事なワン友さんたちからの
ミラクルパワーな贈り物が先日ありました^^


yosegaki.JPG


みんなの思いの詰まった寄せ書きです^^

縫い縫いしてくれたのは桜月まま。

見た瞬間、ワッと涙があふれて止まらなかった・・もうやだ〜(悲しい顔)


今、桜月ままのところのさくらちゃんも病気と闘っています。

愛する家族が何かしらで苦しむって本当に辛いこと。

さくらちゃんの痛みが少しでもとれますように。

そして、お互いゆっくりと穏やかな時間がながれますように。



それから、いつも私たちを支えてくださるみなさま。

本当にありがとう。

感謝してもしつくせない気持ちがあふれています。

みんなのご好意にいつも甘えてばかりでごめんなさい。

いつかそれを返せるような人間になるまでゆるしてね。

そして、みんなのことが本当に大好きです。


ありがとう〜





そして、まだまだサンデー家のことをよろしくね黒ハート








ニックネーム さんまま at 15:13| Comment(16) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ガン宣告より丸2年

2009年2月15日 骨肉腫の宣告を受けました。

そして

2011年2月15日 サンデーは今ココにいます。


mabusii.JPG


年末年始、かなりブログをさぼっちゃって
なんだか巷ではサンデー死亡説が流れちゃって・・がく〜(落胆した顔)

で気がついたら、ガン宣告より2年が経とうとしていたので
ブログをUPすることにしました。

あけおめ&ことよろですわーい(嬉しい顔)犬(笑)


年末年始はサンデーはおできがいくつか自壊してしまって
不快な時間を過ごすことになりました。

そして、1月11日、QOLの維持のため3度目のおでき切除術。


獣医さんが驚くほどサンデーは麻酔からの覚めがよく
(麻酔をきったらまもなく目覚めるらしい)
翌朝には私が持参していたワンバーグをペロリと食べた
ようです。

そして、なにより傷の治りが早いexclamation×2そうです。

私は他の子と比べようがないのでわかりませんが、術後の
経過観察で行くたびに「この子は強いし傷のくっつき具合が
早いしきれい」と言われました。

それは少なくともこれまで身体によくないものはとらない
ようにしてきた甲斐があったのかな〜と思いました。


おできちゃんたち、今も徐々にですが大きくなっています。
今回は術後に少し薬を飲ませています。

確かにこのペースだと原因を取り除き症状が落ちつく前に
またおできが自壊して手術・・の繰り返しになります。

先生にも「そのうち手術ができなくなる。そうなると、
この子にとってなにが一番いいのかを考えないと・・」と
言われてしまいました。

えぇ?!もしかして安楽死???

と思ったけど聞き返せなかった。。


やっぱりそれはショックでした。

だから、症状をある程度抑えながら原因を取り除く治療を
並行してやっていこうと少しだけ軌道修正しました。



gugu.JPG



もちろん、病院からは抗がん剤をすすめられるのですよ。

でも、それはしたくないときっぱり言いました。

手術の際も指にできたおできは指ごと切断しかないと
言われました。

私は獣医療については素人だからわかりませんが、本当に
その方法しかないのだろうか疑問に思いこれも断りました。

先生からは「指が1本なくったって歩ける。残したままで
もしその腫瘍が自壊したらそのときこそ歩けなくなりますよ」
と叱れました。

だけど、足を切断とか指を切断とか、もーーーーうんざりちっ(怒った顔)


抗がん剤だってそれを使った子が1年“も”生きたって言われた
けど、そもそも1年“しか”生きない予定はありませんexclamation×2

きっぱり言います。

目指しているのは余命1年持たせることじゃないの。

そのとき、先生はサンデーは1年もたないと思っているんだと
思いました。

本当に病院って行くたびにテンションさがる。。



もちろん、須崎先生のもとでの治療は続けています。

ただ今後はさらなる長期戦と、万が一の手術代を確保するため
直接診療はしばらくお休みすることにしました。

やっぱり若干高めだからね、直接だと。

その分メリットもいっぱいあるけど、直接じゃなくても治療は
受けられるため少しでも長くお世話になるため苦渋の選択を
しました。



kudasai.JPG



犬友さんには本当に助けられています。

手術の際には「青い鳥」運動をしてサンデーと私たちを励ま
してくれました。

サンデーのもとにも青い鳥が応援に行ったみたいですよぴかぴか(新しい)小鳥ぴかぴか(新しい)

また、サンデーのおできを保護するためスヌと服が必須なん
ですが、その情報を下さったり作ってくださったり・・


お守りも届きました顔(メロメロ)


本当に本当にありがとうございますexclamation×2

みんなの思いを込めてくれた言葉や縫い縫いしてくれたもの、
願いを込めてくれたお守りなどには私は魂が宿っているように
感じます。

そしてそこからまぶしいほどの光が私たちに降り注いでくれる
ように思います。

“気”でしょうかね。

すっごい力を感じるんです。

それらに囲まれているサンデーは今、最強です犬(笑)無敵ングるんるん

怖いものはないとさえ感じます。


あとは冷静に淡々と私たちが原因を抜くためにがんばるだけ。

大丈夫。菌がうじょうじょしている時期に一度抜けたことが
あるんだから。
(先日、フォトチェックしてもらったら菌量が増えてしまって
いました・・)




毎日毎日を大切に、今このときを精一杯生きます。




なかなか更新できないけどどうぞ引き続き応援してくださいね〜Helloわーい(嬉しい顔)犬(笑)


心配してくださっている方に申し訳ないので
次からはもうちょっとちょこちょこ経過報告するようにします〜







あさひ.JPG
こんな光パワーが私たちに降り注いでいるイメージでいまするんるんるんるん









ニックネーム さんまま at 12:07| Comment(16) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

須崎先生の診療

みなさま、ご無沙汰しておりましたあせあせ(飛び散る汗)
かなりな放置プレイに自分自身あきれております(^^;

手術から今日まで何をしていたかと申しますと・・

それはサンデーの治療に専念していたexclamation×2

そして、ツイッターにはまっていたexclamation×2

というわけです。

今日は先日、23日の土曜日に行ってきた須崎先生の山口診療所での
話をしてブログにカムバックアゲイン!でするんるんるんるん

どうぞまたよろしくおねがいしますわーい(嬉しい顔)



その前に、軽くこの間のことを。


aozoraegao.JPG

ボクさま、術後の経過は順調でした^^

皮の伸びないタイプのワンちゃんは傷がくっつかないことも
あるそうなんですが、幸いコッカーは皮伸び族。

きれいにくっつきました。

ただエリカラをしていたので、首の部分の傷口だけがぱっくり
となりまして。

ほかの傷口がばっちりになってエリカラを外したので、それから
首のところの傷がくっつくという流れになりました。

ただエリカラを外したら2日後には完璧にくっついてました。
動物の再生力ってすごいですねひらめき

写真はそのころの写真。首もとがちょっと赤いでしょ?



さて、傷が治ってから海にも行きました。
やっと福岡でも波があがったのです。


umihasiru.JPG

umihasiru2.JPG

わーい、わーいと走り回るボクさま。

uminagameru.JPG

時にはけんちゃんの成長ぶりを確認してみたり・・





oohoride.JPG

なつかしの大濠公園でもまったりしました。


家ではもっぱら寝ています。

negao.JPG


あ、サーフィン待ちの車内でも、でした〜顔(笑)

kaoup.JPG


家ではやっぱりさらにまったり。。


taretare.JPG


そんなこんな日々、私が主にがんばっていたのは最初に書いたように
サンデーの治療、つまりホームケアです。

nannkaiitage.JPG

マイベッドでおくつろぎ中のボクさまを見つけては・・

jyokin.JPG

吸引の治療〜



あとは不安になったり友だちの声聞きたくなったら、簡単に
書き込めちゃうツイッターにつぶやく。。


そんな日々だったわけですわーい(嬉しい顔)犬(笑)


この間にはいろんな感情の浮き沈みがあったのも事実です。

自分のあり方とかに自信がなくなっていたことも・・



でも、目を覚ましてくれたのはあるお友だちワンとその飼い主
さんのおかげかも。

同じ骨肉腫で闘っていたあるワンちゃんとご縁をいただきました。
この間に。

病院で骨肉腫と分かり、痛み腫れが尋常ではなかったため
やむなく断脚。病院からは転移しにくいタイプの骨肉腫と
言われていたため、できたら自然療法で・・とのことでした。

私のことを知っていたほかの骨肉腫仲間のワンちゃんの飼い主
さんが私のことを紹介してくれてのご縁でした。

ワンちゃんも「もっと生きたいよ〜」って目で訴えかけてたし
飼い主さんもなにかもっと自分にできることはあるはず、と
がんばっておられました。

その姿を見て、私は1年半前に絶望の淵から見事舞い上がれた
ときの自分のことを思い出しました。初心に戻れたんですね。

治療が足踏み状態でなにか突破口をさがしてはいたものの
あとひとつ、なにかが足りないと感じながら日々過ごして
おりました。

正直言うと、若干ここまでか?とおもっていたのも事実。



そのワンちゃんと飼い主さんのがんばりを見ていて、自分に
足りないものが分かりました。



「治る」と信じる強い心。
できるかぎりのことはやってあげたいと強く思う心。



長い闘病生活の中で疲れていたのかも知れません。
だけど、それはいいわけ。

自分が選んだ道なのに、勝手に疲れてんじゃないよ!って
ことで初心に戻ることにしました。

普段のホームケアを見直して、もっと自分ができることを
重点的にやる!それが課題となりました。

けんちゃんにもさらに参加を要請しました。



目標は次の診療、つまり先日の土曜日の診療日に結果を
出すこと。次へのステップを勝ち取ること。






そして迎えた土曜日の診療。



須崎先生と診療所のスタッフのTさんがいつものように
笑顔で迎えてくれました。

私は一人で内心どきどき。

先生からどんな言葉が聞けるのか???

















先生「一体、なにをされました?」


私「?!」
(やばい、病院でちょびっと使った薬が・・もしや・・汗汗)



バイレゾナンスの機械でボクさまの身体を探る前に私の身体も
チェックしてくれました。けんちゃんも。


先生「おー。一体なにをされたんです?」


先生の顔は困った感じではありません。

もしや?もしかすると・・・・・?




そう、念願だった最後まで抜けなかった菌がなくなっていたのです。

昨年5月に初めて見てもらってすぐに私たちの身体の中で悪さを
引き起こしていた原因がなくなっていたのです。



今、ボクさまの身体の中で症状を引き起こしているのはヘルペス
ウイルスというものです。

これは私たちの身体の中にも動物の身体の中にも常に存在する
常在菌です。なのになんともない人もいる。

それは次のような“症状が出る構図”があるからです。


なにかの病原菌が身体の処理能力以上に感染
   ↓
免疫担当細胞である白血球(リンパ球)が攻撃
   ↓
組織が炎症・損傷
   ↓
傷ついた組織が修復しようとする
   ↓
その修復過程でヘルペスウイルス活性化
   ↓
損傷箇所が多いと、ヘルペスウイルスが神経を介して身体のあちこちに症状を出す(痒み、傷み、赤み、腫れ)



須崎先生の治療ではこの理念に則って、症状の「原因」である
病原菌の排除を行い、たとえ病原菌が体内に入ったとしても
それに左右されない身体作りを目指します。

原因がなくなれば症状がでる理由がなくなる。。

そういう考えなんですね。


そこが症状だけに焦点をあわせている病院と違うところです。



で、ボクさまのケースに戻ります。

つまり、その原因の大本の病原菌が今体内からなくなったのですぴかぴか(新しい)




つまり、そうすると・・


リンパも攻撃をする必要がなくなります。
  ↓
組織が荒らされる理由がなくなります。
  ↓
組織が修復する理由がありません。
  ↓
ヘルペスウイルスが大暴れすることもありません。
  ↓
自然と・・症状がでる理由がなくなります。




今のボクさまはやっと純粋な組織の修復段階です。

次々に組織が修復される理由が起こるわけではないので
自然とヘルペスウイルスの大反乱は治まり、修復だけが
静かに滞りなく行われると思われます。

その間にまた前の段階に戻らないように気をつけねば
なりません。

慎重に、でも気負わず。。だけど慎重に。




ひとつ大きな壁を乗り越えました。

須崎先生もぶっちゃけトークをしてくれました。

今回の診療の事前チェックでボクさまの名前をみたときに
どきっとしたそうです。

今、各地でペットの突然死や症状悪化の原因となる病原菌
(空気感染するタイプ)がたくさん飛んでいるそうです。

私のあなたのあの子の体調不良はその菌の仕業かもしれません。

そのため、もしかしたらボクさまも悪化しているかも知れない
と思ったんだそう。

先入観にとらわれて診断がぶれないように、ほかの子ものと
シャッフルしてチェックしたそうです。

するとどうでしょう。

先生は自分が寝不足で間違っているのかと最初疑ったくらい
驚かれたようです。なくなってる〜〜〜〜グッド(上向き矢印)と。



やったらやっただけの結果がでてきます。

受験もこのくらいがんばればよかったとなんとなく反省。


結果をだすことを念頭においてがんばったこの期間。
ブログを書くのを我慢して(笑)がんばったこの期間。

すべての努力が報われたようで本当に本当にうれしかったです。


ただまだまだ油断なりません。


ここからが本当の勝負。

勝負の土俵にやっとあがることができたのです。

やっと治癒への扉をたたく権利が与えられたのです。


必ず症状をとめる。


須崎先生のお見立てでは、右ひじの腫れも同じ理由で腫れている。

おできには大きくなってはじけるタイプとしぼんで縮むタイプ、
そしてそのまま固まるタイプがあるんだそう。

先生的にははじけるか固まるか。
すでに今、パンパンになっているおできがあるんですが
「たぶん、はじけてぽろっといくと思いますよ」とのこと。

前にはじけたときにそうはいかなかったんだけど、今度は
そうなるかも知れない。ならないかも知れない。

常にいろんな可能性を想定しつつ、冷静に今のホームケアを
がんばっていこうと思います。

お鼻の横にできているのがこれ以上大きくならないといいな。

とにかくどうなるか分からないけど、がんばります!






骨肉腫で1年8ヶ月。

内臓にも転移が見られないということは、つまりは(なかなか
結果がでなかったけど)これまでのホームケアもうまくいって
いてボクさまが上手いこと感染しては排除してを繰り返して
くれていたと言えますね、と先生から。


先生は飼い主さんを励ましてがんばらせるタイプだけど
実に今回はまんまとさらにがんばる気になりましたよexclamation×2






ってことで、ホームケアがんばりますので、また節目まで
更新が滞るかもですが、ツイッターのほうはなるべく毎日
顔を出すようにしていますので、よろしかったらそちらで
お話したり細かいことは報告していけたらと思っています。




アカウント:ecssun


フォロー、ミーGood










も一回。



kaoup.JPG

癒し顔ぴかぴか(新しい)(←単なる親ばかです、笑)




















ニックネーム さんまま at 11:19| Comment(34) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

2つのココロ

CA3A2369-0001.JPG

今日は久々にまじめに・・
あ、いつもまじめですよあせあせ(飛び散る汗)



今の私には2つのココロが存在します。



大きく威張っているのが、欲張りなココロ。

ものすごく先の未来まで考えちゃう。

実は無事に取ったおできちゃんですが、取り残し分が
さっそくわがもの顔で成長を始めています。

本当にこの闘いにはキリがないのだと実感しています。


このおできがまたあんなに大きくなったらどうしよう、
当たり前ながら、そう考えます。

もう手術はしたくないですもん。


でも、それって先の未来まで欲張って考えているから?




そんなとき、もう1つのココロが現れます。


今生きていることが喜びなんだ。

贅沢は言ってられない。

今、抱きしめてあげられることを、今この瞬間笑顔で
そこにいてくれることを、そこでゴロンと安心しきった顔で
寝てくれていることに感謝しなくては。。


そうなんです。



この病気と分かったときに一度は死を覚悟しました。

それから、1年半。

幸いにも生かしていただいています。



本当は本当は今生きていることが奇跡なんです。



でも、気がつかないうちに欲張りな私が威張り散らしていました。




こんなこと、1日のうちに何回も考えてしまいます。

ツイッターでみんなとリアルにお話できる時間は気が紛れます。




可能性が1%でもある限り、闘うと誓ったあの気持ちは今も
変わりありません。

遠い未来ではなく、明日のために闘う。



今が幸せですぴかぴか(新しい)












ニックネーム さんまま at 19:48| Comment(18) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

無事終了!

CA3A2332-0001.JPG


スライド登板となった本日、
サンデー投手はノーヒットノーランを達成!


すべてはきっとうまくいく
これまでだって乗り越えてこれたんだ



みなさま、応援ありがとう♪
ニックネーム さんまま at 19:05| Comment(15) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

チロルな日

CA3A2328-0001.JPG

昨日の土曜日はサンデーのおできの手術をお願いする
ために初めての病院へ行きました。

なんでこうなったのか話せば長いのですが、おできが
サンデーの負担となってきたこととこのまま放置して
いざ手術となったらそのときのほうが手術や手術跡が
大変になるのではないか?と思ったのが大きい理由です。

前回よりも手術が大きくなりそうだったので、外科が
得意な先生を探しました。

昨日、訪問したのは腫瘍専門で外科が得意な先生。

あとは先生がどんな方かが心配事項。

私たちの病気への考え方や治療方針を理解してくれるか?


先生は意外ときさくな方でした。

サンデーのこれまでの経緯を聞いて、やはり初めての
ことだとおっしゃいました。

骨肉腫の経過も変わっているし、繊維肉腫も一般に
言われている出方と違うとのこと。

最近の学会で「傍肉性骨肉腫」という骨肉腫のタイプが
発表されたそうです。

骨肉腫でも進行が早いものと遅いものがある。

それは私の実感としてありましたが、学会的にはまだ
はっきりとは認められていなかったのかも知れません。

それでも、その子の生存日数は300日台。

1年半という日数に驚いていました。

で、経過日数からして肺転移への可能性があること。
もし、肺転移している場合は(もう長くないので)手術は
寿命を縮めるだけで意味がないのでしません、とのこと。

手術せずにおできが自壊した場合(前回のときのように)、
そのときはやっていただけるのですか?と尋ねたところ
その場合も切除術はせずにいわゆる傷の手当のようなことを
するだけだと言われました。

私としてはサンデーを見る限り、今すぐどうのこうのという
状態でもないし、もし自壊した場合はそれを放置している
ほうがQOLを下げると思っていたのでそれはショックでした。



とにかく手術できる状態かどうかを確認する検査をお願いしました。


また6時間預けることになりました。
1年半前の恐怖を思い出しました。不安でどうかなりそうだった・・

でも、これをしないことにはサンデーの今の状態はなにも
変わらない。預けました。

でも、今回は麻酔を使う検査はしないので死への恐怖は
ありませんでした。



写真のチロルチョコ。

時間をつぶすために行ったラウンドワンでゲットしました。

子どもだましなゲームに数千円使っちゃったあせあせ(飛び散る汗)

アホみたいなことして過ごしました。




さて、検査結果。

私は肺転移の結果を覚悟していました。
しててもおかしくない時間が経過していたから。

だけど、けんちゃんは違った。

どこか自信があったようです。

私がサンデーの状態を見る限り厳しい状況ではない
と思うと常日頃言っていることを思い出していた
みたい。

肝心の私は・・そんなもんですかね(^^;





血液検査、レントゲン、エコー検査の結果
転移所見はどこにも見当たりませんでした。
全ての内臓をチェックしてくれていました。

もちろん、レントゲンでは全ては分からないことは分かっています。

今まで数々の腫瘍の子を診てきた先生が今回の検査を
総合して自信を持って判断してくれたことを信じます。

内臓には問題がないので、全てを体表に集めて出している
という状況のようです、おできちゃんは。

これって、ちょっと思ったのはいつもホメの先生が言うこと。

「悪いものを体の表面に出してくれているので大丈夫」と。
偶然。。かな?

ただホメ的には体表に出た上で患部の腫れがひいて欲しい
ところみたい。なので、そういう意味でもサンデーの症例
はどの世界でも変わっているのです。






「来週の金曜日に予定を入れておきますね」


先生が手術をしてくださることになりました。
サンデー、初めての1泊入院になります。

麻酔をぬくために必要な時間なようです。
もちろん、術後の急変に備えてくれるのでしょう。

そう思うと、前回はなんと簡単だったんだろう〜(^^;
術前検査もしなかったしね。あはは〜
(サンデーの状態をみて判断してくれたんだと思います。←そういう先生)



骨肉腫と繊維肉腫の関連性をはっきりさせるためにも
骨肉腫部分の組織(つまり骨)も取らせて欲しいと
言われました。

だけど、私はそれはお断りするつもりです。

けんちゃんが先生に尋ねました。

進行の遅い骨肉腫であった場合、もしかして治癒する
可能性とかあるのですか?と。

先生、簡単に「ないです」と。

残された時間が普通の骨肉腫よりも少しだけ多いと
いうだけ。

治らないものなら、どういうタイプの骨肉腫であるかは
サンデーにとっても私たちにとっても関係ないこと。

骨を削って骨折の可能性を高める必要はない。
骨折したら今度こそ断脚ですから。。

先生的には変わった症例だし、データー的なものが
欲しいのかもしれない。だけど、それも私たちには
関係ない。サンデーが全てなのです。

病理検査代は病院側が持つと言われてもそこは変えられない。
譲れないところです。




CA3A2327-0001.JPG
病気なんかぶっ飛ばしちゃえ!トォーッ

なんか最近、寝てばかりのサンデーの写真(笑)









ニックネーム さんまま at 12:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

昨日はサンデーの診療日

DSC09212.JPG

昨日6月19日(土)は山口で須崎先生の診療日でした犬(笑)

気になるおできのことをじっくりと聞くことができました。

大学病院では細胞の形態変化を「悪性」であるということは習うけど
では「なぜそうなったか」という原因のところを考えることは習わないそう。

須崎先生の経験によると、原因を体内から抜くことにより薬を使わなくても治ってしまう「悪性」があるということです。

そう、須崎先生のところには余命宣告をされて主治医からさじを投げられた子がいっぱい集まってきます。そういう子たちの診療を通して実感
されていることなのだそうです。

そして、その原因の多くが病原菌への感染であることが多いようです。


サンデーの場合は、同じ状態で初診でくる子に比べて、その原因となる
病原菌の量が5分の1くらいしかないそう。

なのに、激しい免疫応答が起こっているため、このような激しい腫れを
生じているということです。


サンデー自身のなかにそんなにないということは、サンデーが排出を
うまくできていることもあるけど、それともう1つ、家庭の中以外に
感染源となる場所があるということが考えられるそう。

つまり、「出ては入って」を繰り返しているのかも。

感染源を特定するのは難しいことですが、要は家に帰ってからの除菌治療をしっかり行うことで継続的な感染を防ぐことが出来ます。

「帰宅後の除菌の徹底」がまず大きな課題となりました。



それから、サンデーの家庭でのケアにはLEDライトを使っています。

代替療法の世界では手のひらや身体にあるツボにLEDライトを照射する療法があるのですが、須崎先生はそれを動物の治療にも使っています。

うちでもちょっと前からサンデーにLED療法を施していましたが
このたびさらに詳しい照射位置をいくつか教えていただきました。

もちろん、もともと人間の治療で使われている療法なので人間にも
使うことが出来ます。

疲れているときにまっさきに当てたらいいよ、というツボも教えて
いただきなんだか得した気分に(笑)


骨肉腫の原発である右肘にも当てます。

おできにも当てます。


やることが多くなったけど、ピンポイントで教えていただけたので
私たちはそれを指示通りにこなすだけです。


それでサンデーが少しでも回復に向かうならなんにもいうことは
ありません!




今回の山口の診療ではガンと診断された子が多く受診されたようです。

みんな絶望の淵から、かすかな光を求めて情報をかき集めておそらく
ここへたどり着いたのでしょう。

普通、3大療法で治療しなかったら余命数ヶ月しかないと言われている骨肉腫のサンデーが、おできはできているけど今も元気に普段どおりの生活が送れているということがその方たちの希望の1つとなってくれたらいいのに・・と思いました。

絶望を味わったからこそ、今現在絶望の淵にいる人の気持ちが分かります。

でも、もちろんうちもまだまだ治療途中。

一緒にがんばっていきましょう!って大きな声をかけたい気持ちでいっぱいです。




あきらめない先生がそこにはいます。


飼い主よりもあきらめが悪い先生がいます。


だったら私はその先生に負けないくらいあきらめが悪い飼い主になろうと思います。





DSC09215.JPG
モデルなサンちゃん。








ニックネーム さんまま at 12:16| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

サンデーのトリートメント

CA3A2108.JPG
蚊が気になる今日この頃に草むらでくつろがれるボクちん坊ちゃん犬(笑)


昨日は山口にサンデーのトリートメントに行ってきましたるんるん

新しいサンデー号で山口へ行くのは初めて。

ちょっとドキドキでしたが、今無事にブログを書いている
ので大丈夫でした(笑)

高速道路での走行の安定性は前より格段にいいので安心して
運転できました。でも、初めてってのがあって正直疲れた〜あせあせ(飛び散る汗)




続きを読む
ニックネーム さんまま at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

リンクするココロ

CA3A2027.JPG

今日は天気が回復しました〜晴れ
湿気がなくって、風が冷たい・・涼しい。
とっても清々しい天候になりました。

こういう日はサンデーはとっても調子よくテンポよく
しっかり歩いてくれます。

写真は日陰で休むサンちゃん。



続きを読む
ニックネーム さんまま at 15:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

フィラリア検査

CA3A2021001.JPG
病院の名物?看板の前で撮ってみましたわーい(嬉しい顔)

今日はサンデーのフィラリア検査とホメオパシーの相談会のため
いつもお世話になっている動物病院へるんるんるんるん

フィラリア検査は陰性でミクロフィラリアもいないから大丈夫!
って言われました。

大丈夫とは思っていてもドキドキするのがフィラリア検査ですよね〜

昨年は病院の薬とフィラリアレメディーの併用型にしましたが
フィラリアについては今年は病院の薬でしっかりと管理すること
にしました。

理由はいくつかあるのですが、大きいのは生活環境ですかね。

都会ではあるけど、蚊がいっぱい発生する場所を通常の散歩コース
としています。そして、フィラリア予防をしていないワンちゃんに
遭遇する可能性もある場所。

レメディーでは虫を殺すことができないそうです。残念ながら。



それから、おできちゃんの経過も診ていただきました。



続きを読む
ニックネーム さんまま at 19:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

それぞれの休日

IMG_3220_1.JPG

みなさん、GWはどのように過ごされましたか?

サンデー家はサーフィン合宿のため九州を南下しました。
その模様はおいおい書いていきますね。

さてその前に、大切なご報告があります。

先日ご紹介したばかりの黒ラブのハッピーちゃんがこの
お休みの間に息を引き取りました。

あまりにも突然のことで・・

とてもとても信じられませんでした。

出先では携帯でしかチェックできなくて、家に帰ってPCで
見たら違うかもなんて訳分からないこと思ったりして・・



でも、事実でした。



最期は大好きなママとパパに見守られて旅立ちました。
激しく苦しむこともなく静かな最期だったようです。

なんて親孝行なハッピーちゃん。えらかったね。


同じ病気と闘っているナナちゃんのお母さんがブログに書いていました。



今日を生きていることは決して当たり前じゃなくて
今日を生きられたことに感謝して与えられた命を大事にしなくちゃ・・と。


心からそう思います。

生きるか死ぬかの病気に掛かった子の飼い主さんはきっとみなさん
こう思っているはず。

普段は忘れているように過ごしているけど、いつでも心の中にあること。

ハッピーちゃんが最期まで精一杯生き抜いてくれたことで
改めて私もこう感じることができました。


ハッピーちゃんはサンデーがガン宣告を受けてから1ヵ月半後に
宣告を受けました。

サンデーもいつその日がきてもおかしくないということ。

未来を見つめて生きることはもちろん大事だけど、今の私たちは
今を精一杯生きることのほうが大事なのです。

その積み重ねで未来を築いていけたら・・そう思います。



サンデーはというと写真でも分かるぐらい喉のおできが腫れてきています。

原発の右肘も腫れています。
(最近、おできに気をとられて観察不足でしたあせあせ(飛び散る汗)

そのほかにも気になる腫れがあります。



腫れ≠ノついては根本原因を取り除けばクリアできると思っています。

だけど、取り除いてしまう前に腫れあげて破れたり痛くなったり
することがとても怖いです。それが今の一番の心配。
QOLを下げると思うからです。

いかに痛まないようにしてあげられるか、苦しまないようにして
あげられるか・・
それが課題です。最初から今も、そして今後もずっと課題です。



いつもどっちを選ぶか?という選択を迫られることが多いですが
『今を生きる』という視点をこれからも忘れず歩んでいきたいと
思っています。





ニックネーム さんまま at 23:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

抜糸される犬

CA3A1913.JPG

抜糸される犬。

目が座っております(^^;



この前お話した手作りつなぎ服≠フパンツを
私たちが寝ている間に脱ぐという荒業をいつの間にやら
習得してしまったボクちん。

あの手この手でこっちの裏をかいてくれますねあせあせ(飛び散る汗)



でも順調に治っていますのでご心配なく〜わーい(嬉しい顔)犬(笑)

ただ・・取り残した喉のおでき4号がちょっと大きく
なってる気が〜たらーっ(汗)

背中の5号はあんまり変わらないような気がします。



こういうおできは1つを取ると他のが大きくなるとよく
言われていますが、それってのは例の攻撃部隊がワ〜っと
残されたほうへ移動して攻撃するからでしょうかね?

な〜んとなくそういうふうに考える今日この頃です。


小さくなってくれればいいんですけどね。

(もう破れるのはごめんですふらふら





ニックネーム さんまま at 12:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

体重の推移

サンデーの体重に変化がありましたので
記録しておきます。


CA3A1906.JPG




サンデーはここ数年はずっと12キロを
キープしていました。

今年に入って測ったところ、11.5キロに。

おできができて破裂してからは食欲が
あんまりなくなってしまい、11.3キロに
なりました。

んで、今日測ったところ・・

11.5キロに戻っていましたわーい(嬉しい顔)

足への負担を考えるとこれ以上太らせない
ほうがいいと思うので、この辺りでキープ
したいところです。(11〜11.5くらい)

どんどんやせていかなくて正直ほっとして
います。あ〜、よかった。

サンデーも私も栄養を吸収しにくい体質に
なっているようなので、それも今後改善して
いければいいなと思っています。


ホントよく似ているんですよね、サンデーと私。


P.S.
おできを切除したのにそんなに体重変わらない
んですね〜って先生に言ったら、おできはそんな
に重くないよって笑われました顔(笑)


ニックネーム さんまま at 11:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

おできの正体?!

CA3A1885001.JPG

今日の福岡地方は雨です雨

ってことで、さんぽも行けないしブログ書こーってなりましたわーい(嬉しい顔)


さてさて、サンデーのおできの病理検査の結果が出ました。

分かったのは先週の土曜日。

どうしようかな〜って思ったけど、やっぱり発表exclamation

いろいろ考えたけど、もともとごまかせない性格なので(苦笑)、
ここは誤解を恐れず書きます。

繊維肉腫。

悪性との判断でした。



続きを読む
ニックネーム さんまま at 10:39| Comment(18) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

今晩は鮭バーグ&ぱっくり

CA3A1801.JPG

今日、TVを観ていたら栗原はるみさんが人間の
ご飯のおかずとして鮭バーグを作っていましたかわいい

ってことで、「その手があったか」となった私は
サンデーの今晩のご飯に鮭バーグを作りました犬(笑)エサ

どうでしょ?

続きを読む
ニックネーム さんまま at 19:15| Comment(16) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

歯石が取れました!

CA3A1799002.JPG

サンデー、おかげさまで少しずつ回復していますわーい(嬉しい顔)犬(笑)

昨日は術後初めておもちゃ≠ノ興味を示しました野球

そして、今は術後初めて私の股間で寝ています(爆)

ちょっとしたことがうれしい今日この頃です。


そうそう、NEWサンデー号も昨日無事ボディーコーティングを終え
(別のディーラーにお願いしました)見違えるほどきれいになって
とても気持ちいいです。これが納車のときに施工されていればな〜
もったいないですたらーっ(汗)

昨日を新たな納車日として認定しようとけんちゃんと決めました(笑)



続きを読む
ニックネーム さんまま at 11:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

術後管理

CA3A1785.JPG
さっき撮ったボクちん。
眼力もでてきています目

傷口が開くといけないので、あんまりたくさんは
歩かないほうがいいかなと思って、今日は車に乗って
小戸公園まで行きました車(RV)

ホント、トイレ休憩って感じの散歩でしたが
本犬はうれしそう犬(笑)犬(足)


「ワンワンだ」って言っていきなり寄って来た子ども
ちゃんとお父さんにも尻尾振ってあいさつできましたGood


続きを読む
ニックネーム さんまま at 22:01| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUNDAY comes again!

みなさま、応援ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

パワー、確かに届きましたぴかぴか(新しい)

昨日、午後2時半ごろにお迎えに病院に行きました。

サンデーはまだぼけーっとしてて、しばらくすると
私と分かったみたいでクンクン鳴きだしました犬(泣)

手術、なんと2時間掛かったんですって顔(え〜ん)

私がのんきに「もう終わったと思います」なんて書いている
頃はまだがんばっていたと思われますふらふら



CA3A1783.JPG
帰りはバリケンの中で。
ずっと鳴いてました。トイレしたかったのかも。


続きを読む
ニックネーム さんまま at 01:39| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

がんばっています

今、サンデーはおできの切除術してもらっています。

9時に病院へ連れて行くと、まずは導入(←字はこれかな?)麻酔
の注射を打ちました。

この注射がハンパなく痛いみたい。

サンデーが「ひゃおーーん」って泣きましたもうやだ〜(悲しい顔)

注射は結構平気な子が泣いたので多分相当痛かったんでしょう。



しばらくすると、サンデーはふにゃふにゃに。

これは本格的な麻酔とは違うらしく、先生曰く
30分くらいで終わると思うのでこれだけで十分だそう。

しかもこれには解毒剤もあるらしく、それですぐ眠りから
目覚めることができるんですって。

今はなんでもかんでも本格的な麻酔をかけずにできること
もあるんですね。歯石取りもこれでやるそうです。

切除はレーザーを使うので、出血もあまりないはずだとの
ことです。モノにもよるそうですが。



サンデーがふにゃふにゃになるのを見届けて預けてきた
んだけど、さっき家に帰り着きました。

都市高速使って40分くらい、下道使うと1時間くらいかかる
ところなので、もう手術も終わっているんでしょうね。

連絡も特にないから多分大丈夫だったんだと思います。

お迎えは午後。

今日は玄関ドアの取替え工事で昼からの予定だったけど
今来てやってくれています。

ちょうどお昼ごろに終わるので、そのあと病院に電話
してみます。その頃にはきっと目覚めているよねわーい(嬉しい顔)

サンデーが無事に帰宅したら、またこちらでも報告させて
いただきますね。報告は明日以降になるかもですが^^


IMG_3113_1.JPG


みなさん、応援ありがとうぴかぴか(新しい)



ニックネーム さんまま at 10:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

破裂おできちゃん

CA3A1779.JPG

おできが破裂したあとも、こんな格好で寝てます。

だけど、明らかに元気がない。気になってるみたい。

そりゃあ、そうだよね。

すっごい匂い。臭いです。

私たちよりも何倍も何十倍も何百倍も(?)
鼻が利くんだもんね。



続きを読む
ニックネーム さんまま at 19:23| Comment(22) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする