かわいいTOP画面へは下main下をクリックかわいい

2010年06月20日

昨日はサンデーの診療日

DSC09212.JPG

昨日6月19日(土)は山口で須崎先生の診療日でした犬(笑)

気になるおできのことをじっくりと聞くことができました。

大学病院では細胞の形態変化を「悪性」であるということは習うけど
では「なぜそうなったか」という原因のところを考えることは習わないそう。

須崎先生の経験によると、原因を体内から抜くことにより薬を使わなくても治ってしまう「悪性」があるということです。

そう、須崎先生のところには余命宣告をされて主治医からさじを投げられた子がいっぱい集まってきます。そういう子たちの診療を通して実感
されていることなのだそうです。

そして、その原因の多くが病原菌への感染であることが多いようです。


サンデーの場合は、同じ状態で初診でくる子に比べて、その原因となる
病原菌の量が5分の1くらいしかないそう。

なのに、激しい免疫応答が起こっているため、このような激しい腫れを
生じているということです。


サンデー自身のなかにそんなにないということは、サンデーが排出を
うまくできていることもあるけど、それともう1つ、家庭の中以外に
感染源となる場所があるということが考えられるそう。

つまり、「出ては入って」を繰り返しているのかも。

感染源を特定するのは難しいことですが、要は家に帰ってからの除菌治療をしっかり行うことで継続的な感染を防ぐことが出来ます。

「帰宅後の除菌の徹底」がまず大きな課題となりました。



それから、サンデーの家庭でのケアにはLEDライトを使っています。

代替療法の世界では手のひらや身体にあるツボにLEDライトを照射する療法があるのですが、須崎先生はそれを動物の治療にも使っています。

うちでもちょっと前からサンデーにLED療法を施していましたが
このたびさらに詳しい照射位置をいくつか教えていただきました。

もちろん、もともと人間の治療で使われている療法なので人間にも
使うことが出来ます。

疲れているときにまっさきに当てたらいいよ、というツボも教えて
いただきなんだか得した気分に(笑)


骨肉腫の原発である右肘にも当てます。

おできにも当てます。


やることが多くなったけど、ピンポイントで教えていただけたので
私たちはそれを指示通りにこなすだけです。


それでサンデーが少しでも回復に向かうならなんにもいうことは
ありません!




今回の山口の診療ではガンと診断された子が多く受診されたようです。

みんな絶望の淵から、かすかな光を求めて情報をかき集めておそらく
ここへたどり着いたのでしょう。

普通、3大療法で治療しなかったら余命数ヶ月しかないと言われている骨肉腫のサンデーが、おできはできているけど今も元気に普段どおりの生活が送れているということがその方たちの希望の1つとなってくれたらいいのに・・と思いました。

絶望を味わったからこそ、今現在絶望の淵にいる人の気持ちが分かります。

でも、もちろんうちもまだまだ治療途中。

一緒にがんばっていきましょう!って大きな声をかけたい気持ちでいっぱいです。




あきらめない先生がそこにはいます。


飼い主よりもあきらめが悪い先生がいます。


だったら私はその先生に負けないくらいあきらめが悪い飼い主になろうと思います。





DSC09215.JPG
モデルなサンちゃん。








【病気のことの最新記事】
ニックネーム さんまま at 12:16| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり、外に出ればいろんなものが付着するだろうし、除菌は大事ですね。病気と闘っているから、余計にその抵抗力が強くないと心配ですよね、サンちゃんは頑張ってるね!
日ごろのママさんたちのケアが功を奏しているのでしょう。それでも足りない厳しい戦いなんですね。

さくら&月が足の間が赤くなって痒がることがあったのですが、やっぱり原因があって、お散歩の後お風呂場でじゃぶじゃぶ洗ってタオルドライ。朝の忙しい時はドライヤーしてなかったのがいけませんでした。^^;
今は絞ったタオルで拭いて、その後バイオチャレンジャーと言う除菌できるスプレーをして、乾いたタオルで拭きあげてます。
肉球がね、ぷにゅぷにゅになって来たんですよ。^^肉球本来の役目を果たしてるんだなって思います。最近噛み噛みしなくなりました。^^
サンデーままのブログを見ていると、気が引き締まる思いがして、ついついないがしろになりそうなところをチェックできるいい機会になっています。ありがとう。^^
Posted by 桜月まま at 2010年06月20日 14:00
お久しぶり〜。

そうですね!あきらめない飼い主とあきらめない獣医さん。いいコンビになりますね。
応援してます♪
Posted by ぜぇママ at 2010年06月20日 14:00
サンデーまま、ハローヽ(*^^*)ノ

色々聞けて スッキリしたみたいで良かったね〜!
やっぱり飼い主が不安に思っている事があるのは
あまりヨロシクないものね〜☆
これからは心機一転
また明るく楽しくがんばってねヾ(=^▽^=)ノ

ところで、除菌の菌って
学名が付いているような世間一般的な菌なのかしら??
それとも 須崎先生のところ独自に「菌」と呼んでいるモノがあるのかな〜??

まぁ どちらにしても
行き届いてない感じの我家ですが(汗)
VIVIちんは今年は体調良いんだけど、私がず〜〜っと引きずってるから
何か日常的な事で改善のヒントになる事があると良いなぁ〜
と、思ったのでした☆
Posted by キョ at 2010年06月20日 14:50
さんままさん、こんにちわ〜(^O^)/

昨日は遠方まで&遅くまで、3人ともお疲れ様でした〜(^◇^)

骨肉腫って、人間でも辛いんだからサンデー君も辛いんだろうな・・・って思うと、私も涙ぐんでしまうので、涙を見せずに明るく前向きに歩んで行って欲しいと思います。
難しいことだろうけど、ワンコは飼い主の挙動を良く見てるからね・・・(^_^;)

頼りになる「諦めの悪い先生」と強力タッグを組んで、出来る限りのことをしてあげて下さい!

みんなで応援してますよ〜(^O^)/

そうそう、今日ふと思ったんだけど・・・
今日は「サンデー(日曜日)!」
毎週、サンデー君の日があって素敵だなぁ♪って、改めて思っちゃいました(^−^)
Posted by ブリママ at 2010年06月20日 18:18
お久しぶりに遊びにきましたよん♪
ふむふむと、考えながら読みました。
5行ぐらい読んで、ちょっとわからへんようになって、まだ戻って読んで・・・(頭悪いんで・・・笑)
でも、理解できた(とおもう・・・)
キョさんも書いておられますけど、私も菌ってどういう菌なのか知りたいです。
一般的なバイ菌みたいなもんなのか、それともある特定のものをそう呼ぶのか?
除菌って普通にワンコ用の除菌スプレーみたいなので、良いのか?
っと、すごい考えてしまいました。
こういう風にスポット的に質問しても、ちょっと違うのかしらん?っとか思ったり・・・

でも、須崎先生の診療理念みたいなのが、ほんの少しやけど、理解できたような気がします。
誰もが、可能性のある出来事やもんね。

そして余命宣告の余命は変えられるんやってのさんちゃんが身をもって示してくれてることが、すごいことやと思う・・・
あー長くなってごめんちゃい♪
Posted by 晴ママ at 2010年06月20日 19:54
患者を治すために諦めの悪い先生、一番出会いたいドクターですね。
サンデー君、本当に素敵な出会いをして、自分でも頑張って・・・。
きっと、すごい希望の光になってくれていると思います。

私も、5年位前に、須崎先生と出会いたかったなぁ。
そしたら、前の子に、もっと色々してあげられたかもしれない。

除菌って、わんこにも大事な事だったんですね。
自分に対しても全然気を使わないので、
除菌って、自分には関係ないや。って思ってました。
でも、鈴華に必要なら、ちゃんとしなくっちゃ。
いっつも、サンママさんの所では、勉強させて頂いています。
Posted by りんねぇ at 2010年06月20日 23:46
診察お疲れ様でした。
諦めの悪い良い先生に出会えて、本当によかったね。
コチラに来るといつも色々勉強させられます。
病原菌、私もちょっと興味はあったんだ〜
ハッピーは何が原因で骨肉腫になっちゃったんだろ…?ってよく思ってました。

たくさんの病気で悩んでいるワンコ家族の方たちが『これだ!』って自分で信じられる治療に出会えるといいね。

もっともっと諦めの悪い飼い主になって下さ〜い!
↓レバージャーキー美味しそうだね♪
Posted by ハッピーまま at 2010年06月21日 00:35
>桜月まま♪

桜月ままもいろいろ工夫されてがんばっておられますね〜☆
毛がモサモサのわんこだし足の指の間もカユカユができちゃいますよね><
そういえばサンデーは昔は何度かなったことがあるけど、今はまったくなりません。

いろいろ指示どおりにはやってるつもりでも私なんかまだまだ足りないな〜と反省しています。ついついさぼってしまうときもあるし。
免疫力・抵抗力はばっちりなんだそうで、あとは常に感染する環境からの脱却が必要なようです。感染源がはっきり分かればいいのですが。
がんばります!
Posted by さんまま at 2010年06月21日 08:38
>ぜぇママ♪

コメント、ありがとうございます!
あきらめない姿勢は先生から学びました^^
がんばるので応援してくださいね☆
Posted by さんまま at 2010年06月21日 08:39
>キョちゃん♪

うん!私があきらめモードだったらサンデーにとってもよくないよね♪
肝に銘じて前を向いて歩きます^^

「菌」についてですが、私たちが一般に言っている菌のイメージ≠ニ少し違うかもです。
でもその菌は私たちの周りに常にあるものです。空気中に浮遊しているものもあるし、私たち人間の皮膚に寄生しているカビをさすこともあります。もちろん、ウイルスもそうです。

それらが時にある条件のもとで身体に悪さをするようになることがあるということです。
同じものを吸っていても平気な人もいます。
それは同じ環境にあって風邪を引く人とそうでない人がいるような感じにとらえてもらっていいと思います。

だから、私的には通常の菌とはイメージは少し違うけど、結局は一緒のものを指すと理解しています。今まで意識していなかっただけ、というか・・
うーん、説明が難しい。

たとえばクラミジアとかカンジダといったいわゆる性病でよく聞く名前の菌も空気中に普通に浮遊しています。ある病気(性病ではない)の人はそれらを特に多く持っているという話も聞きます。
でも、普通の病院ではそれらはなにかの数値として表すことが出来ない。検査では調べられません。
実はサンデーを悩ませている菌はクラミジアで私や主人もその菌を持っています。でも私たちは性病ではありません(笑)

須崎先生のところでは物質には必ず周波数というものがあって、それは病原菌についても同じように考えます。
そして、その周波数を調べるツールをお持ちです。これが主にバイオレゾナンスの機械です。

体内をさぐったときに本来はあるはずがないウイルスやカビなどの周波数に反応があったときに体内にそれが存在することが分かります。それがどこ(どの臓器)にいるのかも分かります。

それが今出ている症状の根本原因だということです。
だから、治療はそれを除菌する、という実はものすごく単純なものなのです。

除菌するためには「臨界水」という波動水を使います。これが私がよく薬(だけど薬じゃない)≠ニ表現しているものです。
ホメオパシーをしている人は臨界水への理解は早いと思うのですが、簡単にいうとホメオパシーの漢方版みたいなものです。
水に薬となるもとの物質の性質を転写しています。だから、物質そのものではないので副作用がありません。しかし、私にはその薬のもととなるものについては知識がないので分かりません。漢方をされている人は少しは分かるのかも。

とまあ、めっちゃ簡単に説明してしまいましたがおそらく分かりにくかったですよね(^^;
これをさらに理解するには免疫学を勉強したほうがいいです。
私も免疫の仕組みについては何度もお話を聞いて勉強しました。それでも、免疫応答としての症状が怖いと思うので、そういう機会がない人はさらに理解が難しいかもです。

多分、↑の説明では分かりにくいと思いますのでなにかありましたらまた聞いてくださいね。私もそれを考えることで理解が深まるので助かります^^

キョちゃんは漢方とか鍼とかに明るそうだから、なんとなく言ってることはわかるのではないかな?
LEDライトはまさにツボに照射するものだから、鍼治療を家庭でやっているようなものです。

長くなりました〜
Posted by さんまま at 2010年06月21日 09:07
>ブリママさん♪

応援ありがとうございます!
実はみなさんからの応援パワーが一番力になっていると思うのですよ^^

骨肉腫って怖い病気ですよね><
サンデーが1年以上も元気に暮らしているのは本当にびっくりたまげた話なんですが、この病気を通じてたくさんのいいこともありました。
そんなアホな!?って思われると思うんですけどね(^^;

そうですよ、「日曜日」のサンデーですよ♪♪
このお名前、実は有名な数々のアーティストたちが歌で「SUNDAY〜♪」とか言ってくれたりしてある意味お得な名前というヒミツがあったりするのです(笑)
Posted by さんまま at 2010年06月21日 09:22
>晴ママさん♪

こちらこそちょっとご無沙汰しててごめんなさい。
最近、いきなり家探しを始めたりしてブログをUPしたりブログを読みに行ったりすることが少なくなってたりする・・その分、ツイッターで簡単につぶやいたりしているんですけどね!晴ママさんもツイッターやりましょうよ♪♪

ところで、「菌」ですよね〜
なんのことやら分かりませんよね(^^;
私もそんなに理解してなかったりする。
一応、↑のキョちゃんへのお返事の中で分かると思われる範囲で書いてみました。あくまで私が思っている範囲なのですが。。

で、晴ママさんの疑問!
普通のワンコの除菌スプレーとかでいいのか?ってところ。

ものにもよると思うけど、菌の世界って番長制って聞きました。
なにかの菌が優位に立っていたらほかの菌は勢力拡大できないんですって!
なので、たとえば納豆菌みたいなので作ったスプレーとかあるけど、ああいうのは一時的には効くかも〜
室内除菌はやり方はまさにファ○リーズみたいな感じですけど、あのもの自体は効くのだろうか?と思ってます(^^;
除菌のために使う須崎先生のところの「臨界水」も重要だと思います。やっつけたい病原菌をピンポイントにしてオーダーメイドで作ってくれるので、一般の除菌スプレーよりはいいかな〜と。

それとここ大事!
除菌!除菌!っていうけど、考えてみたらこの世の中で無菌状態で暮らすってことはありえないんですよね。
菌のおかげで助かっていることもあるし(たとえばお腹の善玉菌とか)。
だから、菌への感染を自分が自分の身体で処理できる許容範囲に抑えるってのが目標です。だから、神経質になる必要もない。

なので、それを知るツールとしては須崎先生のところのアイテムはかなり使えると思うのですよ。
普通はそれを調べることができないからね。
そして、病気に関して言えば未病のうちに終わらせることが可能です。
病気ってつまりは「蓄積」ですものね。
有害物質の蓄積、病原菌感染の蓄積・・つまり、蓄積途中で症状はでてないけど、実は近々病気になります、みたいなところで発見できたらどんなにいいだろうと思います。
そういう意味では須崎先生のところは本当は一見健康なうちに健康診断的な感じで使いたいところです。
うちは病気になってあわてて探して出会ったんですけど。

あ=、また長くなってしまった><
ごめんなさい〜
Posted by さんまま at 2010年06月21日 09:36
>りんねぇさん♪

須崎先生の治療のよいところの1つは「飼い主参加型」ってところかな?
先生に体内をさぐってもらって、1本の臨界水を出してもらってそれをもってとにかく飼い主が家でがんばる。ただ薬を飲ますだけではなく、室内除菌から鼻の粘膜を通しての吸引、ごはん・飲み水に臨界水を混ぜてあげる、ブラッシングの際にスプレーする、そしてもちろん自分もその臨界水を摂って自分の中からも原因菌をなくす・・やることがとにかく多いです。歯磨きもそうかな。
これだけやれば、いつかは消え行く命、わんこが亡くなったときにも飼い主さんは「やるだけのことはやった」という気持ちが持ててペットロスにもなりにくいんだそう。もちろん、悲しい気持ちは一緒ですけどね。
「飼い主参加型」ってなんだか面白い獣医さんですけどね^^
Posted by さんまま at 2010年06月21日 09:41
>ハッピーままさん♪

実際に病気になってからだと気にはなっていても時間に制限があったりしてなかなか取り組めなかったりしますよね。
ハッピーちゃんを見ていると、骨肉腫の痛みをママさんたちがちゃんとコントロールしてあげていて、たまに痛いときもあったかも知れないけど、最後までいつもの生活ができて幸せだったんだと思います。
だから、サンデーがやっているのは1つの治療方法。
やり方はそれぞれあっていいし、その子その子に合った方法を見つけてあげるのが最優先のような気がします。
ハッピーちゃんの場合はママさんたちがとった方法が一番よかったと私は今でも思っていますよ!!
ハッピーちゃんに恥じないように、サンデーはサンデーなりの方法でがんばるから応援していてね!
Posted by さんまま at 2010年06月21日 09:47
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2120025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック