かわいいTOP画面へは下main下をクリックかわいい

2010年05月12日

リンクするココロ

CA3A2027.JPG

今日は天気が回復しました〜晴れ
湿気がなくって、風が冷たい・・涼しい。
とっても清々しい天候になりました。

こういう日はサンデーはとっても調子よくテンポよく
しっかり歩いてくれます。

写真は日陰で休むサンちゃん。



さて、昨日のホメオパシー相談会。

前回から気になっていたことがあって先生に尋ねてみました。


「前回私をみてもらったときに繊維なんちゃら≠ニかいう
もの(病気)になっているか、なりかけているから注意みたいな
ことを言われたんですが、サンデーの繊維肉腫と関係ありますか?」



普段なら???な質問だと思います。

私についてホメオパシーのマシーンでみてもらったときに
マシーンが言ったことです。

気にもとめていませんでした。

子宮の問題と繊維なんちゃらはどう関係があるのかな?ぐらい
に思っていました。


その後なんです。

サンデーのおできが「繊維肉腫」と診断されたの。。




まさかとは思うけど、私とサンデーの間に何かあるのかが
気になったので先生に尋ねてみたのです。




先生の回答は「・・うん。あるかも知れないね」。

先生曰く、ホメオパシーのいくつかの文献で飼い主とペット
とのこのような関係が報告されているよう。

つまり簡単に言うと、ペットが飼い主の病気をもらって飼い主
を助けるってこと。


先生は「ボクがもらっとくから大丈夫だよ〜って(サンデーが)
言ってるんじゃないかな」と言いました。



やっぱり、そういうことってあるんだ。。

そう思いました。



でも、すぐ気持ちを切り替えました。

っつか、サンデーに言いたいexclamation




なに言ってんの!
誰が病気でどうかなるって言った?
サンデーの病気が治るようにがんばるとともに
私も自分自身の病気が治るようにがんばるんだから。
別にあんたに病気をもらってもらわなくていいよ。



そうサンデーに伝えています。

だけど、キョトンとしてる。


きっと、意識の外でのできごとなんでしょうね、こういうことって。

この子たちはとても魂のレベルが高い、私はそう思っています。

きっと潜在意識の中でサンデーは私の助けとなるよう動いているのね。



サンデーから母のような大きな愛をいただきました。

こうやっていつも私を大きく包んでくれる。


そう思うと、実はちょっとがっくりなりかけていた気持ちが
奮い立ってきました。

また1からのつもりで治療をがんばろうexclamation×2



何度くじけたって可能性が1%でもある限り、私はあきらめない。


そういう先生方にサンデーのことをお願いしていることを忘れ
かけていました。弱気になっていたんですね、私も。



サンデー、当初の約束どおりだよ。


お前を苦しめることは絶対しない。


一緒に治ろう!


いやいや、ボクはいいから。。なんてこと、聞く耳持ちませ〜〜ん!



いい?




それから、今もっと条件が合う場所に引っ越そうかと思って
家を探していてその際にペット可物件が少なくて苦労しているけど
サンデー、変なこと考えないように!


自分がいなければけんちゃんとえっじーは苦労することはない・・
とか言って死んでしまわないようにね。

母のようなあなたはやりかねない。

そんなことしたら一生許さないよ。


サンデーと一緒に住むんだよ。

引っ越すとしてもサンデーが一緒じゃないと嫌だよ。


なんにも心配しなくていいんだよ。

あなたはそこにいるだけでいい。

私がしっかりした母になるから。


笑ったり怒ったり、文句言ったり、食べたり寝たり・・

そのことがどんだけ私たちを助けてくれているか。。

わがまま言ってもいいけど、このわがままだけは受け付けません!



ずっと一緒だよ。

これからも一緒に歩んでいくんだよ。



ねっ!




CA3A2026.JPG




どうやらサンデーは出会うべくして出会った運命の犬の
ようです。

どういう使命を持って今世にやってきたの?

それは私の中の永遠のテーマです。


それを探しながら、サンデーと一緒にがんばります!








ほぼ毎日つぶやいていますexclamation














【病気のことの最新記事】
ニックネーム さんまま at 15:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
月がね、じ〜っと見るんです。私の事。
そっと顔を近づけて鼻のあたりにチュッてしてあげると、それを待ってるかのようにじっとしてて、でも何故か私もすごく落ち着く。

私の中にはさくらが1番、月が2番って感覚があって、それは決して優劣ではなく、ルールみたいなもの。何かあった時はその番号なんて消えちゃいます。
それを分かっているのか、さくらが私に甘えてる時、ちょっと離れた所でじっと見ています。さくらが満足して離れるとすぐにやって来るから、思いっきり抱きしめて好き好きします。これって、魂なんて言うと大げさかもしれないけど、ちゃんと心で会話が出来てるのかなって思うんです。

サンデー君は一人っ子だから、その思いは甘えるというよりも騎士(ナイト)になってるのかもしれませんね。いつの時代にか姫を守ったサンデー騎士は、時空を超えてその姫と巡り合ってるのね。
あ、母か?(笑)

なんて、空想にふけりながらサンデーままの記事を読んで涙してます。

それにしてもわんことの出会い、本当に運命を感じますね。
Posted by 桜月まま at 2010年05月12日 17:16
>桜月まま♪

桜月ままとさくらちゃん・月ちゃんの関係は見ていて運命をとても感じます。
きっと桜月ままが気がついてない意識にない部分でいっぱいいっぱいココロをリンクさせていると思います!

サンデーは今までは私は守ってあげないといけないっていう思いが強かったんですね。
でも、昨日今日思っているのは実はサンデーが私を守ってくれていたんだな〜って。
だから吠えたりもするのかも知れません。

それにそもそもサンデーがガンになったのも心当たりがなくもないんです。
私のズタズタになった精神状態を復活させるために病気になったのかな〜って。
サンデーのお世話をするようになって救われたんです。
また会っていろいろとお話したいですね。
今度久留米まで遊びに行こうかな〜^^
って言えるほど、サンデーは元気なので安心してね!
Posted by さんまま at 2010年05月12日 18:48
サンデー君がさんままさんを守ってるって話、思わず頷いてしまいます。先日お会いした時も、サンデー君は常にさんままさんを背に座ってましたよね。まるで迫りくる敵から身を挺して守るように。
桜月ママさんのナイト説、結構当たってるかもですよ(笑)
体を張ってママを守るサンデー君、大きな愛情でサンデー君を包むさんままさん。
何人たりとも入り込めない素晴らしい関係ですね。それを実感させていただきありがとうございます。

あっ、もちろんパパさんも入ってらっしゃいますよ(笑)

Posted by 霧おやじ at 2010年05月12日 20:22
うむうむ、こう言う関係の飼い主とペットって
ぜ〜ったいいると思う!!
そして、なかなか私には出来ないけど
誰かと出会った意味を見出す作業って得意な人は得意なんですよね〜〜

私の友人で そう言うのが得意で
色々「見えて」しまう人がいるんですけど
以前、VIVIちんがパピーの頃のガウガウが酷かった時の話を彼女にしていて
思わず涙が出てしまった事があったの。
後日
キョはす〜っごく良くも悪くも理論的で
どちらかと言うと 自分を突き放して上から物事を見てる感じの人間なのに
(それは、普通ではない状態、、、らしい ^^;;)
あんなに感情を出して話すキョを初めて見てビックリした。
VIVIは キョが感情を外に出せるようになるために
来たのかもしれないね。
な〜んて彼女に言われた事がありますよ☆

未だにどうなのかは ??? のままですけど
そんな解釈の仕方もあるのね〜〜
と、聞いていました。

そんな使命を持って来たのなら
VIVIちんも大変だなぁ〜 と思ったりして ^^;;

そう言う深いお話しじゃなくても
ペットって本当に飼い主を癒して助けてくれますよね☆
感謝 感謝。
毎日少しずつでもお返しが出来ると良いですヽ(*^^*)ノ
Posted by キョ at 2010年05月12日 21:12
>霧おやじさん♪

思えばサンデーはいつもああやって私に背を向けて座ります><
桜月まま説で考えると合点がいくところが多いですね。。
それにしてもなんともなさけない飼い主です(^^;

霧くんを見ていると純粋さを感じます。
純粋におやじさんのこと大好きで甘えてるな〜って。
比べてはいけないけど、サンデーは甘えるのが下手というかたまに気が向いたら甘えると言うか・・
でも、基本男の子は甘ちゃんですものね〜^^
Posted by さんまま at 2010年05月13日 09:05
>キョちゃん♪

すごいいい話だな〜と思って読ませていただきましたよ^^
そうか、そうなんだ。
VIVIちんはキョちゃんが感情を外に出せるようになるためにやってきたんだね。
そしてきっと、行動上の問題もそれの複線だったのかも知れないね。
その、見えちゃう人、いい〜
ってか、うらやましい〜
私は鈍感なほうなので、ぜんぜんダメ。

んで、それを「そんな解釈の仕方がある」と冷静に受け止められるキョちゃんがまたすばらしいです。
私も毎日少しずつお返しをしていきたいです。
してもしてもしかえしきれないかもですが(笑)
Posted by さんまま at 2010年05月13日 09:10
こんばんわ〜

いつもサンデーちゃんに会いに来ていますが、コメントもせずごめんなさい。
読み逃げって奴です犬(足)
相変わらずの日々!
私もがんばってるよ〜
サンママもがんばってね〜
いつも応援してるよ〜
Posted by タハ母 at 2010年05月14日 23:32
>タハ母さん♪

ご無沙汰しております〜><
読んでくれていたんですね^^
ありがとうございます☆

タハ母さんもがんばっている!
それを聞いてとってもやる気がでてきましたよ〜
ありがとうね♪♪
Posted by さんまま at 2010年05月17日 11:26
魂のレベルが高い。
本当にその通りだと思います。
あまりにも潔く、
気高く、
そして自然ですよね。

私も繊細な感覚とともに
鈍感になる強さも持って
一緒に行けるとこまで
行きたいと思っています。

Posted by nobu at 2010年05月17日 21:15
>nobuさん♪

鈍感になる強さ・・うん、まさにそれ私に必要です。
繊細な感覚ばかり使うようになると、鈍感になるべきところを見過ごせなくて辛い思いをします。
サンデーは多分そんな私を心配していると思います。
心配させたくない〜って思うと、さらに肩に力が入って・・

鈍感になる覚悟がいりますね。
鈍感になりながら繊細でいること、
nobuさんは上手くつかいわけわれるんだろうな〜

行けるとこまで行きましょう!
Posted by さんまま at 2010年05月18日 10:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2076045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック