かわいいTOP画面へは下main下をクリックかわいい

2010年10月25日

須崎先生の診療

みなさま、ご無沙汰しておりましたあせあせ(飛び散る汗)
かなりな放置プレイに自分自身あきれております(^^;

手術から今日まで何をしていたかと申しますと・・

それはサンデーの治療に専念していたexclamation×2

そして、ツイッターにはまっていたexclamation×2

というわけです。

今日は先日、23日の土曜日に行ってきた須崎先生の山口診療所での
話をしてブログにカムバックアゲイン!でするんるんるんるん

どうぞまたよろしくおねがいしますわーい(嬉しい顔)



その前に、軽くこの間のことを。


aozoraegao.JPG

ボクさま、術後の経過は順調でした^^

皮の伸びないタイプのワンちゃんは傷がくっつかないことも
あるそうなんですが、幸いコッカーは皮伸び族。

きれいにくっつきました。

ただエリカラをしていたので、首の部分の傷口だけがぱっくり
となりまして。

ほかの傷口がばっちりになってエリカラを外したので、それから
首のところの傷がくっつくという流れになりました。

ただエリカラを外したら2日後には完璧にくっついてました。
動物の再生力ってすごいですねひらめき

写真はそのころの写真。首もとがちょっと赤いでしょ?



さて、傷が治ってから海にも行きました。
やっと福岡でも波があがったのです。


umihasiru.JPG

umihasiru2.JPG

わーい、わーいと走り回るボクさま。

uminagameru.JPG

時にはけんちゃんの成長ぶりを確認してみたり・・





oohoride.JPG

なつかしの大濠公園でもまったりしました。


家ではもっぱら寝ています。

negao.JPG


あ、サーフィン待ちの車内でも、でした〜顔(笑)

kaoup.JPG


家ではやっぱりさらにまったり。。


taretare.JPG


そんなこんな日々、私が主にがんばっていたのは最初に書いたように
サンデーの治療、つまりホームケアです。

nannkaiitage.JPG

マイベッドでおくつろぎ中のボクさまを見つけては・・

jyokin.JPG

吸引の治療〜



あとは不安になったり友だちの声聞きたくなったら、簡単に
書き込めちゃうツイッターにつぶやく。。


そんな日々だったわけですわーい(嬉しい顔)犬(笑)


この間にはいろんな感情の浮き沈みがあったのも事実です。

自分のあり方とかに自信がなくなっていたことも・・



でも、目を覚ましてくれたのはあるお友だちワンとその飼い主
さんのおかげかも。

同じ骨肉腫で闘っていたあるワンちゃんとご縁をいただきました。
この間に。

病院で骨肉腫と分かり、痛み腫れが尋常ではなかったため
やむなく断脚。病院からは転移しにくいタイプの骨肉腫と
言われていたため、できたら自然療法で・・とのことでした。

私のことを知っていたほかの骨肉腫仲間のワンちゃんの飼い主
さんが私のことを紹介してくれてのご縁でした。

ワンちゃんも「もっと生きたいよ〜」って目で訴えかけてたし
飼い主さんもなにかもっと自分にできることはあるはず、と
がんばっておられました。

その姿を見て、私は1年半前に絶望の淵から見事舞い上がれた
ときの自分のことを思い出しました。初心に戻れたんですね。

治療が足踏み状態でなにか突破口をさがしてはいたものの
あとひとつ、なにかが足りないと感じながら日々過ごして
おりました。

正直言うと、若干ここまでか?とおもっていたのも事実。



そのワンちゃんと飼い主さんのがんばりを見ていて、自分に
足りないものが分かりました。



「治る」と信じる強い心。
できるかぎりのことはやってあげたいと強く思う心。



長い闘病生活の中で疲れていたのかも知れません。
だけど、それはいいわけ。

自分が選んだ道なのに、勝手に疲れてんじゃないよ!って
ことで初心に戻ることにしました。

普段のホームケアを見直して、もっと自分ができることを
重点的にやる!それが課題となりました。

けんちゃんにもさらに参加を要請しました。



目標は次の診療、つまり先日の土曜日の診療日に結果を
出すこと。次へのステップを勝ち取ること。






そして迎えた土曜日の診療。



須崎先生と診療所のスタッフのTさんがいつものように
笑顔で迎えてくれました。

私は一人で内心どきどき。

先生からどんな言葉が聞けるのか???

















先生「一体、なにをされました?」


私「?!」
(やばい、病院でちょびっと使った薬が・・もしや・・汗汗)



バイレゾナンスの機械でボクさまの身体を探る前に私の身体も
チェックしてくれました。けんちゃんも。


先生「おー。一体なにをされたんです?」


先生の顔は困った感じではありません。

もしや?もしかすると・・・・・?




そう、念願だった最後まで抜けなかった菌がなくなっていたのです。

昨年5月に初めて見てもらってすぐに私たちの身体の中で悪さを
引き起こしていた原因がなくなっていたのです。



今、ボクさまの身体の中で症状を引き起こしているのはヘルペス
ウイルスというものです。

これは私たちの身体の中にも動物の身体の中にも常に存在する
常在菌です。なのになんともない人もいる。

それは次のような“症状が出る構図”があるからです。


なにかの病原菌が身体の処理能力以上に感染
   ↓
免疫担当細胞である白血球(リンパ球)が攻撃
   ↓
組織が炎症・損傷
   ↓
傷ついた組織が修復しようとする
   ↓
その修復過程でヘルペスウイルス活性化
   ↓
損傷箇所が多いと、ヘルペスウイルスが神経を介して身体のあちこちに症状を出す(痒み、傷み、赤み、腫れ)



須崎先生の治療ではこの理念に則って、症状の「原因」である
病原菌の排除を行い、たとえ病原菌が体内に入ったとしても
それに左右されない身体作りを目指します。

原因がなくなれば症状がでる理由がなくなる。。

そういう考えなんですね。


そこが症状だけに焦点をあわせている病院と違うところです。



で、ボクさまのケースに戻ります。

つまり、その原因の大本の病原菌が今体内からなくなったのですぴかぴか(新しい)




つまり、そうすると・・


リンパも攻撃をする必要がなくなります。
  ↓
組織が荒らされる理由がなくなります。
  ↓
組織が修復する理由がありません。
  ↓
ヘルペスウイルスが大暴れすることもありません。
  ↓
自然と・・症状がでる理由がなくなります。




今のボクさまはやっと純粋な組織の修復段階です。

次々に組織が修復される理由が起こるわけではないので
自然とヘルペスウイルスの大反乱は治まり、修復だけが
静かに滞りなく行われると思われます。

その間にまた前の段階に戻らないように気をつけねば
なりません。

慎重に、でも気負わず。。だけど慎重に。




ひとつ大きな壁を乗り越えました。

須崎先生もぶっちゃけトークをしてくれました。

今回の診療の事前チェックでボクさまの名前をみたときに
どきっとしたそうです。

今、各地でペットの突然死や症状悪化の原因となる病原菌
(空気感染するタイプ)がたくさん飛んでいるそうです。

私のあなたのあの子の体調不良はその菌の仕業かもしれません。

そのため、もしかしたらボクさまも悪化しているかも知れない
と思ったんだそう。

先入観にとらわれて診断がぶれないように、ほかの子ものと
シャッフルしてチェックしたそうです。

するとどうでしょう。

先生は自分が寝不足で間違っているのかと最初疑ったくらい
驚かれたようです。なくなってる〜〜〜〜グッド(上向き矢印)と。



やったらやっただけの結果がでてきます。

受験もこのくらいがんばればよかったとなんとなく反省。


結果をだすことを念頭においてがんばったこの期間。
ブログを書くのを我慢して(笑)がんばったこの期間。

すべての努力が報われたようで本当に本当にうれしかったです。


ただまだまだ油断なりません。


ここからが本当の勝負。

勝負の土俵にやっとあがることができたのです。

やっと治癒への扉をたたく権利が与えられたのです。


必ず症状をとめる。


須崎先生のお見立てでは、右ひじの腫れも同じ理由で腫れている。

おできには大きくなってはじけるタイプとしぼんで縮むタイプ、
そしてそのまま固まるタイプがあるんだそう。

先生的にははじけるか固まるか。
すでに今、パンパンになっているおできがあるんですが
「たぶん、はじけてぽろっといくと思いますよ」とのこと。

前にはじけたときにそうはいかなかったんだけど、今度は
そうなるかも知れない。ならないかも知れない。

常にいろんな可能性を想定しつつ、冷静に今のホームケアを
がんばっていこうと思います。

お鼻の横にできているのがこれ以上大きくならないといいな。

とにかくどうなるか分からないけど、がんばります!






骨肉腫で1年8ヶ月。

内臓にも転移が見られないということは、つまりは(なかなか
結果がでなかったけど)これまでのホームケアもうまくいって
いてボクさまが上手いこと感染しては排除してを繰り返して
くれていたと言えますね、と先生から。


先生は飼い主さんを励ましてがんばらせるタイプだけど
実に今回はまんまとさらにがんばる気になりましたよexclamation×2






ってことで、ホームケアがんばりますので、また節目まで
更新が滞るかもですが、ツイッターのほうはなるべく毎日
顔を出すようにしていますので、よろしかったらそちらで
お話したり細かいことは報告していけたらと思っています。




アカウント:ecssun


フォロー、ミーGood










も一回。



kaoup.JPG

癒し顔ぴかぴか(新しい)(←単なる親ばかです、笑)




















ニックネーム さんまま at 11:19| Comment(34) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする